知財関連のお知らせ Information

知財関連のお知らせ

日中韓特許庁シンポジウム
-日中韓における行政及び司法による知的財産保護の最新動向-(12月9日開催)のご案内

 日本国特許庁、韓国特許庁、中国国家知識産権局は、この度、日中韓における行政及び司法による知的財産保護の最新動向をテーマに、「日中韓特許庁シンポジウム」を開催いたします。
 近年、企業の知的財産活動のグローバル化の進展に伴い、産業競争力の源泉として、知的財産の重要性が一層増しています。こうした状況の中、知的財産権を我が国のみならず海外でも適切に取得し、活用するためには、各国における知的財産制度や訴訟の動向を正確に把握しておくことがますます重要になっています。
 このような状況に鑑み、今回のシンポジウムでは、日本、韓国及び中国から判事や学識経験者、政府関係者が参加して講演・パネルディスカッション等を行い、各国における行政及び司法による知的財産保護の最新動向について議論いたします。

※本シンポジウムは日本弁理士会の継続研修の認定を受けています。

日 時 2016年12月9日(金)13時30分~17時 ※受付開始:13時
会 場 ヒルトン小田原リゾート&スパ「Hilton Arena」
(神奈川県小田原市根府川583-1) ※小田原駅から無料シャトルバス
http://www.tripo-symposium.jp/access.html
主 催 日本国特許庁、韓国特許庁、中国国家知識産権局
プログラム
(予定)
◆主催者挨拶
 小宮 義則(日本国特許庁 長官)
 崔 東圭(韓国特許庁 庁長)
 申 長雨(中国国家知識産権局 局長)

◆基調講演
「知的財産保護に関する日中韓の行政及び司法への期待」
 高林 龍(早稲田大学法学部 教授)

◆セッション1:日中韓における知的財産訴訟の最新動向
「日本における知的財産訴訟の最新動向」
 設樂 隆一(知的財産高等裁判所 所長)
「特許法院への管轄集中化と韓国知的財産訴訟の最新動向」
 朴 泰一(韓国大法院裁判研究官知的財産権総括・部長判事)
「知識産権法院の設置と中国知的財産訴訟の最新動向」
 中国講演者(調整中)

◆セッション2:パネルディスカッション
(テーマ:プロダクト・バイ・プロセスクレームの解釈)

<モデレータ>
 高林 龍(再掲)
<パネリスト>
 設樂 隆一(再掲)
 朴 泰一(再掲)
 中国講演者(調整中)
言 語 日本語、韓国語、中国語 (※同時通訳を実施)
参加費 無料(定員:200名)
詳 細
参加申込
参加お申込み方法など詳細はこちらをご覧ください。
http://www.tripo-symposium.jp/index.html

知財関連のお知らせ

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み