知財関連のお知らせ Information

知財関連のお知らせ

東京理科大学IPフォーラム2016
日米欧における特許訴訟の課題と展望 -NPE問題は解決できるのか?-
(3月17日開催)のご案内

平成28年3月2日

 東京理科大学専門職大学院 知的財産戦略専攻(MIP)は、第3回の国際IPセミナーを開催します。
 本年のテーマは、「日米欧における特許訴訟の課題と展望ーNPE問題は解決できるのか?」です。一旦収束に向かうかと見えたNPE訴訟も2015年にまた増加傾向に転じました。本年も知財裁判官として活躍されてきた世界の第一人者を基調講演者にお迎えし、また、第一線で活躍する国内外の弁護士、弁理士、企業人からなるスピーカー/モデレーターに、継続する挑戦と今後の展望、そして日本企業にとっての課題と対策をご講演いただきます。また、フォーラム終了後、簡単なレセプション(参加無料)を予定しています。

日 程 2016年3月17日(木)9時~18時 開場:8時40分
会 場 アルカディア市ヶ谷(私学会館)富士(東)の間
http://www.arcadia-jp.org/access.htm
プログラム 「米国訴訟における NPEー継続する挑戦」
米国連邦巡回区控訴裁判所 Randall Rader前主席判事

「米国におけるNPE訴訟の現状 -課題、機会、今後の展望」
Frommer Lawrence & Haug法律事務所
Porter F. Fleming弁護士
Eugene LeDonne弁護士

「ドイツにおけるNPE訴訟 -新たな挑戦あるいは通常の訴訟?」
Prof. Dr. Peter Meier-Beck(ドイツ連邦共和国最高裁判所民事第10部部統括判事)

「ドイツおよび欧州における対抗手段 -異議・無効化手続」
Christian W. Appelt弁理士(Boehmert & Boehmert法律事務所)

「欧州統一特許の展開を踏まえたNPE対抗特許訴訟戦略」
Prof. Dr. Heinz Goddar弁理士(Boehmert & Boehmert法律事務所)

「日本における知財訴訟 -標準必須特許とNPE」
知的財産高等裁判所 設樂 隆一 所長 

「日本企業にとっての課題と対策」
長澤 健一 氏(キヤノン株式会社 取締役・知的財産法務本部長)
中村 嘉秀 氏(アルダージ株式会社代表取締役社長)
(モデレーター:荻野 誠 東京理科大学教授)

「三極知財裁判官鼎談 -NPE訴訟」
設樂 隆一 所長
Prof. Dr. Peter Meier-Beck部統括判事
Randall Rader前主席判事
(モデレーター: Prof. Dr. Heinz Goddar弁理士)

全スピーカーによるラウンドテーブル議論
(モデレーター: Porter F. Fleming弁護士)

レセプション於 大雪の間

詳しくはこちらをご覧ください
言語 日本語または英語(同時通訳あり)
参加費 無料、事前登録制(3月14日締切り)
参加お申込 プログラム詳細・参加お申込み方法はこちらをご覧ください。
http://most.tus.ac.jp/mip/news_event/detail.php?i=934

知財関連のお知らせ

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み