知財関連のお知らせ Information

知財関連のお知らせ

特許庁委託事業「公的試験研究機関知財管理活用支援事業」成果発表会
「地域創生の一翼を担う公設試の知的財産マネジメントの在り方を考える」
(2月16日開催)のご案内

平成28年1月25日

 特許庁では、公的試験研究機関(以下「公設試」という)における知的財産活用を支援するため、「平成25年度公的試験研究機関知財管理活用支援事業(平成25~27年度)」(3カ年事業)を実施しています。
 本成果発表会では、①支援先公設試より3年間の取組結果の紹介、②公設試への支援内容から抽出した公設試における戦略的な知的財産マネジメントを行うためのガイドブック類の紹介、③支援先以外の全国の公設試の企業支援活動事例の分析を行った結果から見えてきた公設試のあるべき姿の検討、の3つの観点について、特別講演とパネルディスカッションを行います。
 地域産業振興に向けた知的財産マネジメントの在り方を行う上で参考にしていただける内容となっておりますので、地域創生を担う自治体・公設試の皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

日 程 2016年2月16日(火)10時~17時
会 場 フクラシア東京ステーション
(東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル6階)
 ●交通アクセス
参加費 無料、事前登録制(定員:100名)
対象者 自治体、公設試の方々(※)
※自治体、公設試以外の方で、公設試の現状にご関心高い方々の参加も歓迎致します
概 要 ◆成果発表
1)派遣前と派遣終了時の派遣先機関における知財活動の変化 
2)地域産業振興・地域連携の成果 
3)公設試の自立化に向けての取り組み

◆特別講演
「公設試による地域発オープンイノベーション戦略」
勝木一雄氏(福井県工業技術センター所長)

「京野菜の優位性を高める研究開発が世界に展開」
藤井孝夫氏(京都府農林水産技術センター生物資源研究センター所長)

◆本事業の成果物「ガイドブック等についての紹介と解説」
「『公的試験研究機関知的財産管理活用ガイドブック』及び『知的財産管理レベルチェックシート』の使い方説明」
杉光一成氏(金沢工業大学大学院教授(本事業マニュアル作成委員会委員長))

「『事例から学ぶ公設試のあるべき姿』のポイントと解説」
久保浩三氏(奈良先端科学技術大学院大学教授(本事業外部委員会委員長))

◆パネルディスカッション
「明日の公設試を展望する」
<モデレータ>
扇谷高男氏((一社)発明推進協会研究所所長)
<パネリスト>
久保浩三氏(奈良先端科学技術大学院大学教授)
佐藤充孝氏((地独)北海道立総合研究機構研究企画部副部長)
中許昌美氏((地独)大阪市立工業研究所理事長)
阿部伸一氏((株)にちはら総合研究所代表取締役会長、BS国際特許事務所所長・弁理士)
詳 細
参加お申込み
成果発表会のWEBサイトをご覧ください
http://www.jiii.or.jp/kousetsushi/index.htm

知財関連のお知らせ

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み