知財関連のお知らせ Information

知財関連のお知らせ

公立大学法人名古屋市立大学 契約職員(社会連携センター専門員)公募のご案内

平成28年7月7日

 名古屋市立大学では、産学官連携を推進し、研究成果をさまざまな形でアピール・社会還元するため、次のとおり契約職員(社会連携センター専門員)の採用試験を実施します。名古屋市立大学は、平成18年度から公立大学法人となりましたので、法人の職員として採用されます(地方公務員ではありません)。

募集職種 社会連携センター専門員(契約職員)
業務内容 1.出願・運用方針の企画及び特許等出願後のサポート
(当該研究分野における社会ニーズや市場性等の調査を含む)
2.研究シーズ及び知的財産を活用した民間企業等への技術移転
(学内における発明の発掘・育成に限らず、外部機関から寄せられる技術相談への対応を含む)
3.大学等研究機関及び民間企業との共同・受託研究の推進
(研究者と企業等とのマッチングを含む)
4.産学官連携イベントの企画・立案及び運営管理
(申込・出展者調整等の準備から当日の管理運営までの業務全般)
5.産学官連携関連の情報収集及び学内啓発
(産学官連携関連の審議会・講演会等への参加を含む)
6.外部機関とのネットワーク強化
(大学・研究機関・民間企業・自治体等とのネットワークの構築・強化)
7.大学発ベンチャー支援
8.その他社会連携センターが指示する業務
※上記①~⑧の業務のうち、当面、特に、①~④の業務に注力していただきます
募集人員 1名
応募資格 (1)学士以上の学位を有し、大学もしくは企業、又は公設機関等で知的財産業務に携わった経験がある者であること。例えば、発明者とのリエゾン活動を通じて、発明のコンセプトを理解し、権利の取得範囲や先行技術に対する相違点又は有利な点を提案した経験を有する者等を求める。
(2)産学官連携に対する一定の知識を有する者であること。特に民間企業等にネットワークを有する者が望ましい。
(3)業務遂行に必要な語学力(英語等)、文章能力、調整能力(コミュニケーション能力)、プレゼンテーション能力を有する者であること。特に調整能力(コミュニケーション能力)を重視する。
(4)産学官連携業務に積極的に取り組む強い意欲と行動力を有する者であること。自らの専門分野と異なる分野の研究者とも交流を深め、異分野融合による新たな産学官連携分野の創成に積極的に参加できる者を求める。
(5)その他(※名古屋市立大学のWEBサイトをご覧ください)
雇用期間 採用の雇用期間は、採用日から採用後の最初の3月31日までとします。
なお、6ヶ月間の試用期間があります。勤務成績等により、1年以内の期間を定めて2回まで雇用契約を更新することがあります。。
勤務条件 1.勤務時間
  8時45分から17時15分まで
2.休日
  土曜日、日曜日、祝日、年末年始
3.休暇
  (9月1日採用の場合)年次有給休暇12日、翌年度から20日付与
4.社会保険
  健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
5.勤務場所
  名古屋市立大学 桜山(川澄)キャンパス本部棟2階
6.配属先
  事務局 学術課 産学官連携係(社会連携センター)
試験日程 ・試験日
 平成28年8月5日(金) ※面接試験を行います。
・合格発表
 平成28年8月12日(金)
勤務開始日 平成28年9月1日(木)
応募方法 詳細はこちらをご覧ください。
http://www.nagoya-cu.ac.jp/about/recruit/staff/006678.html
応募締切 平成28年7月25日(月)午後5時(※必着)
お問い合わせ 名古屋市立大学事務国学術課産学官連携係
電話:052-853-8041

知財関連のお知らせ

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み