知財関連のお知らせ Information

知財関連のお知らせ

帝京大学創立50周年記念 帝京大学法学会主催 国際シンポジウム
「欧州の知的財産法―その向かうところ」(6月6日開催)のご案内

 帝京大学法学部は、フランスから4名の専門家をお招きして国際シンポジウムを開催いたします。
 2016年3月23日に施行された欧州連合商標規則に伴い欧州共同体商標意匠庁(OHIM)は欧州連合知的財産庁(EUIPO)に改称され、欧州共同体商標(CTM)も欧州連合商標(EUTM)に変更されました。
また、実務に大きな影響を及ぼすと考えられる欧州特許制度改革も迫っています。本シンポジウムでは、フランスからの4名の専門家が激動する欧州の現状について講演し、欧州と我国が抱える知的財産の共通問題についてパネルディスカッションを行います。

日 時 2016年6月6日(月)16時30分~18時30分
※懇親会 19時~20時30分
会 場 帝京大学八王子キャンパスソラティオスクエアB2小ホール
https://www.teikyo-u.ac.jp/access/hachioji.html
主 催 帝京大学法学会
プログラム
(予定)
◆第一部:講演
1.欧州統一特許と欧州統一特許裁判所: 欧州各国法の「寄せ鍋」から何が望めるのか(16:35-17:10)

Patrick TRABÉ Bandpay & Greuter共同パートナー、欧州弁理士
Aujain EGHBALI Bandpay & Greuter共同パートナー、欧州弁理士、修士(民法学)
質疑応答(17:10-17:15)

2.欧州商標法改革: 商標権者に与える結果(17:15-17:35)
Yann BASIRE Ph.D
Haute-Alsace大学准教授、ストラスブール大学知的財産研究所講師、ストラスブール大学知的財産研究所研究員、欧州連合知的財産庁顧問
質疑応答(17:35-17:40)

3.欧州連合における著作者人格権の特徴(17:40-18:00)
Pauline DARNAND Juris-dialogパートナー弁護士、ストラスブール大学知的財産研究所講師
質疑応答(18:00-18:05)

◆第二部:パネルディスカッション
「いま欧州と日本が直面している知的財産関連問題(18:05-18:25)」

<パネリスト>
Patrick TRABÉ  Bandpay & Greuter共同パートナー、欧州弁理士
Aujain EGHBALI  Bandpay & Greuter共同パートナー、欧州弁理士、修士(民法学)
Yann BASIRE, Ph.D.  Haute-Alsace大学准教授、ストラスブール大学知的財産研究所講師、博士(法学)
Pauline DARNAND  Juris-dialogパートナー弁護士、ストラスブール大学知的財産研究所講師
<コーディネーター>
Miyuki TSUYUKI, Ph.D.  帝京大学法学部准教授、博士(法学)
<総合司会>
帝京大学法学会幹事 首藤優
詳 細 プログラム詳細はこちらをご覧ください
言 語 日本語・フランス語(同時通訳あり)
参加費 無料(事前登録制、先着250名)
詳 細
参加申込
参加を希望される方は下記のサイトより必要事項を入力してください
http://goo.gl/forms/ECDAfVLnud
お問い合わせ 帝京大学法学部法律学科 露木美幸
mtsuyuki(☆)main.teikyo-u.ac.jp 
※(☆)を@に変えて送信してください

知財関連のお知らせ

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み