知財関連のお知らせ Information

知財関連のお知らせ

東京理科大学IPフォーラム2017
日米欧における特許侵害訴訟の動向(3月16日開催)のご案内

平成29年3月12日

 東京理科大学専門職大学院 知的財産戦略専攻(MIP)は、第4回の国際IPセミナーを開催します。
 知財裁判官として活躍されてきた世界の第一人者を基調講演者にお迎えし、また、第一線で活躍する国内外の弁護士、弁理士、企業人からなるスピーカーと、モデレーターのMIP教員との間で、特許侵害訴訟をめぐる最近の様々な論点をグローバルな視点で議論したいと思います。
 また、フォーラム終了後、簡単なレセプション(参加無料)を予定しています。

日 程 2017年3月16日(木)10時~18時30分 開場:9時40分
会 場 新宿区立 四谷区民ホール
http://www.shinjuku.hall-info.jp/pc/access.html
プログラム ◆基調講演1
「裁判長席のインサイダー視点から見た特許法」
Hon.Faith Hochberg氏(前米国連邦地方裁判所判事)

◆基調講演2
「ドイツにおけるファイルラッパー・エストッペル」
Peter Meier-beck氏(ドイツ最高裁判所民事第10部 部総括判事)

◆基調講演3
「日本におけるプロダクト・バイ・プロセス クレーム」
設樂 隆一 氏(前知的財産高等裁判所所長)

◆講演
「米国における最近の知的財産動向」
「欧州特許庁における早期審査の取り組み -権利化および訴訟への影響」
「Brexit(英国離脱)を考慮した欧州のベスト特許戦略」
「IoT/Industrie4.0時代の知財戦略」

◆三極裁判官によるパネルディスカッション

◆ラウンドテーブル
「特許訴訟のグローバル化」

◆レセプション

詳しくはこちらをご覧ください
言語 日本語または英語(同時通訳あり)
参加費 無料、事前登録制(3月15日締切り) ※13日から延長しました
参加お申込 プログラム詳細・参加お申込み方法はこちらをご覧ください。
http://most.tus.ac.jp/mip/news_event/detail.php?i=1010

知財関連のお知らせ

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み