知財関連のお知らせ Information

知財関連のお知らせ

講演会「良き生のための知財」(8月2日開催)

 University of California, Davis, School of Law, Madhavi Sunder教授をお招きし、近年の効率と経済的インセンティブに偏った考えから、「より良き生」のための知財という観点から捉えなおす。
 サンダー教授は、知財分野で最も引用されている研究者の一人であり、著書「From Goods to a Good Life: Intellectual Property and Global Justice」がある。出版物のパロディ、資源を流通させることによって資源の供給、利用側等に恩恵がもたらされる可能性について考え、講演いただく。特に、排他的な専有か、散逸かという二者択一の状況と捉えられがちな現状に対し、地理的表示等の、コミュニティに還元する方法についても議論を行う。また、2017年8月20日のわが国の名古屋議定書への加盟に向け、良き生(life)のための知財の在り方の示唆についても伺う。

日 時 2017年8月2日(水)16時~18時 ※15時30分開場
会 場 森戸記念館 第二フォーラム
http://www.tus.ac.jp/info/campus/kagurazaka.html
主 催 総合地球環境学研究所 香坂FSプロジェクト
後 援 一般社団法人日本知財学会
東北大学大学院 環境科学研究科
講演者
Prof. Madhavi Sunder
Professor Sunder is a leading scholar of law and culture. She was named a Carnegie Scholar in 2006 and has been a Visiting Professor of Law at the Yale Law School, the University of Chicago Law School, and Cornell Law School. Her work traverses numerous legal fields, from intellectual property to human rights law and the First Amendment. Professor Sunder has published articles in the Yale Law Journal, the Stanford Law Review, the California Law Review, the Texas Law Review, and Law and Contemporary Problems, among others. Her book, From Goods to a Good Life: Intellectual Property and Global Justice, was published by Yale University Press in 2012.
プログラム ・開場
・Madhavi Sunder教授による講演+質疑
・取りまとめの議論、閉会
言 語 英語(質疑応答のみ逐次通訳あり)
参加費 1,000円(資料代)
参加お申込 こちらのWEBサイトよりお申込みください。
http://kokucheese.com/event/index/474760/

知財関連のお知らせ

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み