知財関連のお知らせ Information

知財関連のお知らせ

第8回産業日本語研究会・シンポジウム
「産業日本語の浸透を目指して」(3月8日開催)のご案内


 情報を正確に記述でき、かつコンピュータ処理されやすいように情報伝達力と情報発信力を強化した、産業と科学技術の記述に適した日本語(以下
「産業日本語」といいます)について、「産業日本語の浸透を目指して」をテーマとしたシンポジウムを下記のとおり開催いたします。

日 時 2017年3月8日(水)13:00~18:00
会 場 東京・丸ビルホール(丸の内ビルディング7階)
http://www.marunouchi-hc.jp/hc-marubiru/access.html
主 催 高度言語情報融合フォーラム(ALAGIN)
日本特許情報機構(Japio)
後 援
(予定)
総務省、文部科学省、経済産業省、特許庁、国立国語研究所、
情報通信研究機構、工業所有権情報・研修館、情報処理学会、
人工知能学会、言語処理学会、日本経済団体連合会、
日本知的財産協会、アジア太平洋機械翻訳協会、
大学技術移転協議会、フジサンケイビジネスアイ
参加費 無料(事前登録制、懇談会・意見交換会は会費制)
内 容 【第一部】オープニング
1.開会挨拶
2.基調講演
「人工知能が拓く多言語ビジネスの世界」
井佐原 均 氏(産業日本語研究会 世話人会 代表/豊橋技術科学大学 情報メディア基盤センター長・教授)
田丸 健三郎 氏(日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員ナショナル テクノロジー オフィサー)

【第二部】 伝わる文書の作成に向けて
3.招待講演
「日本人(ビジネスマン)のための日本語(ビジネス文章)マニュアル(暫定第1版)」の紹介
佐野 洋 氏(東京外国語大学 教授)

4.「制限言語とオーサリング支援システム:機械翻訳を活用した文書の多言語展開に向けて」
宮田 玲 氏(東京大学大学院 教育学研究科/日本学術振興会 特別研究員)

【第三部】 ポスターセッション
5.ポスター概要発表
6.ポスター発表(ホワイエにて開催)

【第四部】 文書データの効果的な利用に向けて
7.招待講演
「診療データの産業利用と課題 -千年カルテプロジェクト-」
吉原 博幸 氏(京都大学 医学研究科 EHR共同研究講座ディレクター、京都大学名誉教授、宮崎大学医学部附属病院 EHR利用推進センター特別教授、宮崎大学名誉教授)

8.招待講演:
「文書管理システムとナレッジマネジメント」
小林 潔 氏(株式会社富士通総研 第一コンサルティング本部シニアマネジングコンサルタント)
山下 敦 氏(富士通株式会社 ビジネスソリューション本部ソーシャルネットソリューション事業部ドキュメントソリューション部 部長)

9.招待講演
「企業における文書管理と文書作成の課題」
國分 裕之 氏(全日本空輸株式会社 取締役執行役員 人財戦略室長/ANA人財大学長)

10.パネル討論
<パネリスト>
吉原 博幸 氏(再掲)
小林 潔 氏(再掲)
山下 敦 氏(再掲)
國分 裕之 氏(再掲)

11.閉会挨拶
詳 細
参加申込
プログラム詳細・参加お申込み方法はこちらをご覧ください。
https://www.tech-jpn.jp/symposium/symposium-8/

知財関連のお知らせ

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み