知財関連のお知らせ Information

知財関連のお知らせ

平成30年度 大学トップマネジメント研修 研究大学の将来と課題(12月6日開催)

 我が国の大学の研究力の強化は喫緊の課題である。大学における研究体制、研究環境の改善、優れた人事の確保、研究マネジメントの改革などの取り組みを通じて、グローバル社会における国際競争力を向上させることは大きな課題となっている。しかしながら近年、我が国の論文数や被引用の多い論文数の順位は低下傾向にある。この原因は、どこにあるのだろうか。
 本公開セミナーでは、世界トップレベルの研究大学の一つである、エール大学で強いリーダーシップを発揮し20年間もの長期にわたり学長を務められたRichard Levin氏をお招きし、在任中にLevin氏の尽力により成し遂げられた、大学の国際化、高等教育の果たすべき役割の確立、産学連携の推進等の事例を通して、日本の大学、特に研究大学における研究活動やイノベーション促進の将来像について議論する。

日 程 2018年12月6日(木)13:00~17:00 (開場 12:30)
会 場 政策研究大学院大学 想海樓ホール
http://www.grips.ac.jp/jp/about/access/
主 催 文部科学省
政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策研究センター
言 語 日本語
参加費 無料(事前登録制)
詳 細 参加お申込方法など詳細はこちらをご覧ください。
http://ttm.grips.ac.jp/?p=910


(プログラム)

知財関連のお知らせ

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み