x

知財関連のお知らせ Information

知財関連のお知らせ

営業秘密保護推進研究会 第15回オープンセミナー
「 ニューノーマル時代に向けた働き方改革とDXが営業秘密保護に及ぼす影響とは」

 (独)情報処理推進機構(IPA)が2020年度に実施した「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」の調査結果によると、実態を踏まえた啓発の方向性として、「ニューノーマル環境における営業秘密の考え方」「情報管理の成熟度と新たなIT環境の活用状況との関係」等を重視すべきと提言されています。コロナ禍が否応なしにテレワーク・兼業等の働き方改革やDXへの早期移行を加速させる中で、情報管理の成熟度が高い組織やプロフェッショナルな個人はこれらの改革・変革への円滑な移行を実現し、新時代の営業秘密保護にも早期に対応していくものと予想されることから、それ以外の組織・個人との格差が拡大していくことが懸念されています。
 本セミナーでは、このような新しい課題にどのように取り組むべきかについて議論します。このため、まずIPAのご担当者様にニューノーマル及びDXの観点から「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」の調査結果をご紹介いただき、次に株式会社NTTデータ経営研究所の三谷様に「DXを進めるための人材と組織」についてご講演いただいた上で、弊研究会の専門家を交えたパネルディスカッションを実施します。

日 時 2021年6月25日(金)14時~16時
形 式 オンライン開催
※参加申込をされた方に、アクセス方法をご連絡します。
プログラム 1.ニューノーマル及びDXの観点から見た営業秘密管理に関する課題 
-「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」の調査結果より-(仮称)
小川隆一様(独立行政法人情報処理推進機構 セキュリティセンター 
      セキュリティ対策推進部 シニアエキスパート)

2.DXを進めるための人材と組織(仮称)
三谷慶一郎様(株式会社NTTデータ経営研究所
       エグゼクティブオフィサー)

3.パネルディスカッション:
ニューノーマル時代の働き方とDXに対応できる営業秘密保護への円滑な移行-組織の情報管理の成熟と、個人のプロフェッショナル化への期待-
<モデレーター>
三笠武則氏(営業秘密保護推進研究会 事務局長)
<パネリスト> 
ご講演者(2名)
永宮 直史氏(営業秘密保護推進研究会事務局委員
       /日本セキュリティ監査協会)
青嶋信仁氏(営業秘密保護推進研究会事務局委員
       /株式会社ディアイティ)
松本慶弁護士、菅礼子弁護士(営業秘密保護推進研究会事務局委員
       /ベーカー&マッケンジー法律事務所)
参加費 無料(事前参加申込制)
詳 細
参加申込
参加お申込方法など詳細はこちらをご覧ください。
https://www.apptras.org/seminar15

知財関連のお知らせ

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み