学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第5巻第2号掲載

技術の収益化のための国際標準化とコア技術管理
Profiting from Technologies through International Standardization and Core Technology Management


立本 博文、小川 紘一、新宅 純二郎
Hirofumi Tatsumoto, Koichi Ogawa, Junjiro Shintaku
日本知財学会誌 Vol.5 No.2 p.4-11(2008-11-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.5 No.2 p.4-11(2008-11-20)

<要旨>
各国産業政策の転換により国際標準化は,各企業の事業戦略ツールに変容した.標準化は製品アーキテクチャ転換を通じて製品の背後にある付加価値分布を変化させ,先進国と新興国の国際分業のあり方も変えてしまう.先進国企業が収益を得るためには,標準化によるアーキテクチャ変化を反映した事業再編が必要である.すなわち自社の知識と事業の範囲の再調整を行うと共に,注意深くパートナーを選択することを迫られているのである.
<Summary>
International standardization becomes a strategic tool for gaining high profit. The standardization with modularization of product architecture has changed the value added distribution and international division of labor between developed and developing countries. Firms that promote standardization have to rebuild the business structure for maximizing economic returns. Those firms should focus on the most profitable activities and partnership with newly entrants in NIES.

<キーワード>
コンセンサス標準,産業政策転換,オープン・クローズ領域,アーキテクチャ転換,技術の収益化
<Keywords>
Consensus Standardization, New Industrial Policy, Open-closed Domain, Architectural Change, Profiting from Technology