学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第5巻第2号掲載

技術情報管理とイノベーション
The Intangible Assets as the Promoter of Innovation

中原 裕彦
Hirohiko Nakahara
日本知財学会誌 Vol.5 No.2 p.12-16(2008-11-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.5 No.2 p.12-16(2008-11-20)

<要旨>
近年,企業,大学,政府からの重要な技術情報等の流出が,産業競争力及び安全保障上の観点から大きな問題となっていることが指摘されている.こうした中で,企業における知的財産の管理や今後の政府の施策はどのようにあるべきだろうか.本稿では,こうした問題につき,先般執り行われた経済産業省の「技術情報等の適正な管理の在り方に関する研究会」の報告書における議論を紹介しつつ,若干の私見も交え述べることとしたい.
<Summary>
In recent years, it has been pointed out that outflow of technologies from business organizations, academe and government is recognized as a major problem from perspectives of industrial competitiveness and national security.
What should the management of intellectual property in the company and the next government policy be? I would address this issue by referring to the discussions in the report of the Study Group on Appropriate Management of Technical Information led by the Ministry of Economy, Trade and Industry, and introduce some thoughts on this matter.

<キーワード>
根源性,コントロール不可能性,営業秘密,不正競争防止法,オープン・イノベーション
<Keywords>
Trade Secret, The Unfair Competition Prevention Law, Open Innovation