学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第5巻第2号掲載

特許権の不安定性・不確定性に起因するリスク低減政策の考察
Consideration of Policies to Reduce the Risks that Arise from the Insecurity and Uncertainty of Patents


新山 隆一
Ryuichi Niiyama
日本知財学会誌 Vol.5 No.2 p.51-64(2008-11-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.5 No.2 p.51-64(2008-11-20)

<要旨>
特許権は成立した後も無効になる可能性があるという不安定な性質を有し,この不安定さは特許権の存続期間中完全に排除されることはない.従って,戦略なき特許権の活用はありえず,特許無効リスクマネジメントは企業活動にあって,もはや必要不可欠な要素である.しかし,企業が努力してリスクマネジメントを行っていても,市場において特許権の不確定性・不安定性に起因するリスクが過剰に発生している場合,そのリスクマネジメントに過度の負担がかかるうえ,特許権者以外の第三者に対しても不要な訴訟への対応を強いるなど,日本市場におけるイノベーション促進という観点からしても望ましい状況ではない.そこで本論文は,特許権の不確定性・不安定性に起因するリスクを,政策面から低減するための一方策を提案する.
<Summary>
Patents have an insecure property in that they can potentially be nullified even after being granted, and it is impossible to eliminate this insecurity completely during the patent term. Therefore, it is indispensable for companies to conduct business while managing the risks that arise from the insecurity and uncertainty of patents. However, if the risks exist excessively in the market, they will put a heavy strain on the companies that have to manage them, which will be lead to unfavorable conditions in terms of accelerating innovations in the Japanese market. In light of this point, in this paper I will propose one of the policies to reduce these risks.

<キーワード>
特許,無効,リスク,無効審判,不安定,不確定,リスク低減,政策,イノベーション
<Keywords>
Patent, Invalidity, Trial for Invalidation of Patent, Insecurity, Uncertainty, Reduce risks, Policy, Innovation