学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第5巻第2号掲載

研究開発のリスク要因と職務発明
How to Alleviate Risk Problems in Service Invention?


豊福 建太、佐藤(柴田)優子
Kenta Toyofuku, Sato-Shibata Yuko
日本知財学会誌 Vol.5 No.2 p.72-87(2008-11-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.5 No.2 p.72-87(2008-11-20)

<要旨>
本論文では,研究開発に伴うリスク要因が職務発明のあり方に与える影響を経済学的に分析する.その中で,研究開発の不確実性が大きかったり,従業員のリスク回避度が大きいときなどは,固定給を組み入れたり相対評価を用いるなどして従業員のリスク負担を減らす報酬体系を設計する必要があることを示す.次に,現行の相当の対価のあり方や権利配分のあり方が従業者のリスク負担を高めることになっていることを指摘する.その上で,事前の段階で発明の権利の帰属を職務発明規定で定めておき,従業者への報酬はリスク要因の大きさに応じて変化させ,努力インセンティブを引き出すような職務発明制度が望ましいことを示す.そしてその際,研究者の労働市場において流動性を高めておく必要があることと,裁判所の役割は事前の権利と報酬に関する契約が守られているかを確認する役割に限定されることを論じる.
<Summary>
In this paper, we examine how to alleviate risk problems in service invention. We derive several conclusions. First, when firms face uncertainty in R&D activities or employees are risk averse, nonlinear payment scheme may alleviate risk problems. Second, the ownership of patent should be specified in contract ex ante in order to avoid inefficient risk sharing between employers and researchers. Under this, the role of the court should be restricted to check ex post whether the contract is held or not.

<キーワード>
職務発明,成果報酬,リスク
<Keywords>
Service Invention, Risk Sharing, Economics