分科会 Subcommittee

次世代コンテンツ分科会 (旧3Dコンテンツ分科会)

 次世代コンテンツ分科会は2015年3月31日に、コンテンツ・マネジメント分科会に合流いたしました。

 「3Dコンテンツ分科会」は、2013年6月に「次世代コンテンツ分科会」に名称を変更いたしました。
 旧3Dコンテンツ分科会では、3D映像制作に於けるノウハウや特許権といった技術面、著作権法上の問題などの法律面等、3Dを利用したコンテンツ等の促進に係る多岐に渡る課題を議論してまいりました。政府も、「クール・ジャパン戦略」を掲げ、コンテンツを含めた日本文化の世界展開を後押ししつつありますが、やはり、我が国のコンテンツを飛躍的に拡大させるためには、世界に先駆けた我が国独自の映像製作・普及を考えていく必要があります。
 そうした観点から、3Dコンテンツ分科会は世界的な展開が可能な新たなコンテンツ製作・普及を議論していくこととし、名称を3Dコンテンツより幅の広い「次世代コンテンツ分科会」に変更致しました。より幅広い名称とすることにより、多種多様なバックグラウンドをお持ちの方々にご参加いただきたいと考えております。
 なお、当分科会は、今後とも、次世代コンテンツに関し、技術面だけではなく、法律面、マーケティング面、資金調達面も含め議論を深めていく予定です。

分科会の参加お申込み

これまでの活動