分科会 Subcommittee

ライフサイエンス分科会

第7回ライフサイエンス分科会
「生物多様性条約と利益配分の現状と今後の課題」 (2010年2月6日)のお知らせ

 生物多様性条約に関する国際会議が今年の10月に名古屋で開催されます(COP10)。
生物多様性条約の中で遺伝資源から生じた利益を遺伝資源提供国に公平かつ衡衡に配分することが規定されています。
 本分科会において、この課題を取り上げ、関係者およびご関心のある方と知財問題としての課題分析、討論を行いたいと思っています。
皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2010年2月6日(土)13:00-17:00
場所:東京理科大学 知的財産戦略専攻MIP 教室C2
東京都千代田区飯田橋4-25-1-12 セントラルプラザ2 階
http://most.tus.ac.jp/mip/mod_about/access.php
内容:
基調講演
「生物遺伝資源のアクセスと利益配分問題」
 森岡一(社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム)

「愛知名古屋・生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の概要:
利益配分・知的財産の分野を中心に」
 香坂玲(名古屋市立大学)
パネルディスカッション : パネリストによるプレゼンおよび討論
モデレーター:
  隅蔵康一(政策研究大学院大学)
パネリスト(五十音順)
  新井好史(大正製薬)
  尾室幸子(農林水産省農林水産技術会議事務局)
  加藤浩(日本大学法学部)
  香坂玲(名古屋市立大学)
  鈴木睦昭(国立遺伝学研究所)
  深見克哉(九州大学知的財産本部)
  森岡一(社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム)  
参加費:無料
参加申込:
希望の方は、定員等の関係上、事前に以下の参加申込書の各項目をご記入の上、メールにてお申込みください。
定員(60名)に達ししだい締め切りますが、余裕があれば、当日参加も可能です。

事務局:国立遺伝学研究所 知的財産室 055-981-5835
申し込み先e-mail: chizai(アットマーク)lab.nig.ac.jp
※(アットマーク)を@に変換して送信してください。

  <第7回ライフサイエンス分科会シンポジウム
「生物多様性条約と利益配分の現状と今後の課題」 参加申込書>

   1.お名前:
   2.ご所属(組織、会社名等):
   3.お役職:
   4.電話番号:
   5.メールアドレス: