分科会 Subcommittee

ライフサイエンス分科会

ライフサイエンス分科会 オープンセミナーのお知らせ

 人体由来の試料において、個人情報としての問題、倫理的な課題、インフォームドコンセントの問題など、いくつかの未解決な課題を抱えています。しかしながら、医療イノベーションの促進のためにも、研究用医療試料とデータのシェアリングの促進が必要であります。
 本分科会において、継続し、この課題を取り上げ、関係者およびご関心のある方と知財問題としての課題分析、討論を行いたいと思っています。
 皆様のご参加をお待ちしております。

【日 時】 2012年3月3日(土)14時~17時
【場 所】 政策研究大学院大学 4階 研究会室4A
      (東京都港区六本木7-22-1)
       http://www.grips.ac.jp/jp/about/access.html
【テーマ】「研究用医療試料とデーターに関する課題の知財からのアプローチ」
【プログラム】
<講演>
「医療分野の知財についての基礎知識と課題」
  田中 順也 先生(レクシア特許法律事務所 弁理士)
「未来、未知、新規性、未だ見ぬ者へ:研究を支える構造について」
  増井 徹 先生(医薬基盤研究所 難病・疾患資源研究部 政策倫理室)
「研究用医療試料とデータに関する現場からの課題提言」
  三枝 久美子 先生(放射線医学総合研究所 企画・研究推進室長)
「民法および個人情報保護法制と知的財産との関係」
  佐藤 雄一郎 先生(東京学芸大学社会科学講座 法学術研究発表会政治学分野、民法)
<総合討論>
【参加費】 無料
【参加申込】
参加をご希望の方は、事前に以下の参加申込書の各項目をご記入の上、
chizai(アット)lab.nig.ac.jp へメールにてお申込みください。
参加人員把握のため、事前申し込みをお願いしますが、当日参加も席の空きがあるかぎり
歓迎します。

ライフサイエンス分科会オープンセミナー
「研究用医療試料とデーターに関する課題の知財からのアプローチ」 参加申込書
 1.お名前:
 2.ご所属(組織、会社名等):
 3.お役職:
 4.メールアドレス:
 5.連絡欄:
【事務局】 国立遺伝学研究所 知的財産室 055-981-5835