分科会 Subcommittee

ビジネスと知的資産・知財法研究分科会

第13回ビジネスと知的資産・知財法研究分科会(2014年11月5日開催)のお知らせ

 今回は「特許不実施主体(Non Practicing Entity (NPE))による権利活用」をテーマに、この領域での活動をされているコンバーサント IP ジャパン株式会社代表取締役の高堀博之氏に語っていただきます。(http://www.conversantip.com/)

 知的財産権が、特許発明の実施主体から離れ、単独で取引され、活用される時代に、それを是とするのか否とするのか。是とするなら、どういう行使が許容されるのか、行使する側、行使される側はどう対応すべきか、企業の大きな関心事であります。
 皆様のご参加お待ちしております。申し込み方法は、下記をご参照下さい。

【日 時】 2014年11月5日(水) 18時30分~21時
【場 所】 アゴラ東日本橋(東京都中央区東日本橋3-4-10 アクロポリス21ビル 4F)
     http://www.agora-h.jp/
【テーマ】
特許不実施主体(Non Practicing Entity (NPE))による権利活用
【講演者】
高堀 博之 氏
(コンバーサント IP ジャパン株式会社 代表取締役)
【参加費】 500円(知財学会員)、1,000円(非会員)
【参加申込】下記URLのフォームに必要事項を入れて申し込みお願いします。
 http://ip-solution.jp/gakkai.html

「イベント名」欄に下記事項をコピーし、該当部分にチェックお願いします。
(該当する部分の□を■に置き換えてください)
************************
1) 第13回ビジネスと知的資産分科11月5日に参加します。
2) 知財学会の会員か否か  □知財学会会員  □非会員
3) 懇親会  □参加  □不参加 (懇親会は別費用です)
【内 容】
NPE(特許不実施主体- Non Practicing Entity)による権利活用

                       November 2014
                       コンバーサントIPジャパン株式会社
                       代表取締役 高堀 博之
Agenda
   1. 知的財産の動向
     1. 世界の潮流
     2. 米国の歴史
   2. NPEとは
     1. NPE, PAE, Patent Troll
     2. PEがNPEに弱い理由
     3. パテント・トロール問題
   3. コンバーサント社について
     1. 会社概要、拠点
     2. 歴史
     3. ビジネスモデル(戦略的ポートフォリオ管理、収益化プロセス)
     4. 保有特許ポートフォリオ
     5. 成功の秘訣・外部評価

★コンバーサントのライセンス・ポリシーについて
Patent licensing is a $150 billion annual business in the U.S. that facilitates the sharing of inventions with firms that develop them into new products and services. But it is also a business where abuses have occurred. Therefore, licensors and licensees alike must act ETHICALLY, RESPONSIBLY, KNOWLEDGEABLY, and with RIGOR to achieve mutual benefit and economic growth.
特許ライセンスは、米国では年間1,500億ドル規模のビジネスであり、発明を利用して新しい製品やサービスを開発する各企業間での発明の共有を促進します。しかし一方で、不正使用も横行してきました。そのため、ライセンサーとライセンシーはともに倫理感・責任感・豊富な知識・厳格さを持って、相互利益と経済的成長の達成のために行動することが求められます。
Conversant Intellectual Property Management believes the following 10 principles are the basis of ethical and beneficial patent licensing. We act according to these principles every day.
コンバーサント知的財産マネジメントは、以下の10の原則が倫理的で有益な特許ライセンスの基礎であると考えています。当社は日々、これらの原則に従って行動しています。

Ownership Obligations
特許権者の義務

Licensor Obligations
ライセンサーの義務(3つ)

Licensee Obligations
ライセンシーの義務(3つ)

Due Diligence Obligations
デューデリジェンスに関する義務

Litigation Obligations
訴訟に関する義務(2つ)

This is what we believe.
これが当社の信念です。
Tell us what you think.
あなたのお考えをお聞かせください。

Let’s start the conversation!
さあ、話を始めましょう!