分科会 Subcommittee

知財学ゼミナール

第4回ビジネスと知的資産・知財法研究分科会 (2009年7月2日開催)のお知らせ

タイトル:知的資産経営研究の流れと課題

講演者:東京大学知的資産経営総括寄付講座 特任准教授 犬塚篤先生

犬塚先生は、大手電子機器メーカーでの技術者勤務を経て,大学院へ進学.ナレッジマネジメント(知識経営)に関する実証調査研究を数多く手掛けております。トリプル・メジャー(3分野専攻)のバックグラウンドを活かした学際的な研究アプローチ,および研究成果の事業化活動などにおいて,学術界・実務界からの注目を集めております。2004年,北陸先端科学技術大学院大学より博士号を取得.
同大学助手,助教を経て,現在,東京大学特任准教授です。
http://ainuzuka.hp.infoseek.co.jp/works.html

概要:
ここ数年、知的資産経営ということが提唱されるようになり、経済産業省における知財政策も、「知的財産から知的資産へ」知財ぷりずむ2009年1月(http://www.meti.go.jp/policy/intellectual_assets/pdf/chizaip.pdf)と提唱されております。本分科会は、ビジネスと知的資産との関係を明かにし、さらに、その法的保護のあり方などを研究するため作られましたが、そもそも、知的資産とは何か、という基礎的なところから、参加者の問題意識を共通化したいと思い、犬塚先生に、セミナーを依頼することと致しました。

今回のテーマは「知的資産経営研究の流れと課題」です。

「知的資産は,将来価値をもたらすもの(つまり,将来価値を生まないものは,持っていても知的資産とは呼ばない)。
しかし,将来価値は企業自らが決められるものではない(多くの場合,市場・顧客が決定するものである)。言い換えると,企業が採る行動(戦略)によって,知的資産の価値は上下する。
そこで,知的資産経営研究の射程には,知的資産を創造・活用することに加え,その価値を的確に市場・顧客に伝えることまでが含まれていなければならない。・・・・・・」(犬塚教授)
これから、知的資産経営を考察する上で、きわめて重要なセミナーになりますので、ふるってご参加下さいませ。


日  程:2009年7月2日
時  間:18:30~21:00
場  所:日本弁理士会 2F A・B会議室
費  用:分科会メンバー 500円、
      知財学会会員で非分科会メンバー 1000円
      非知財学会員 2000円
懇親会:21:00~自由参加
(なお、当日知財学会分科会員に申し込みされる方は、500円とさせていただきます)
申  込:下記URLの問い合わせフォームに必要事項を入れて申し込みお願いします。https://ssl.nameservers.com/utty.com/toiawase/index.html

※「ご質問、その他の欄」 の「タイトル欄」に:
  第2回ビジネスと知的資産分科会7月2日 と入れてください。

※「内容欄」に: 参加します。
             (1:分科会員・会費500円)
             (2:知財学会員・非分科会員・会費1000円)
             (3:非知財学会員・会費2000円)
  のいずれかをカット&ペーストして、送信して下さい。

★犬塚先生のセミナーはとても有意義ですので、是非ご参加下さいませ。