分科会 Subcommittee

デザイン・ブランド戦略分科会

デザイン・ブランド戦略分科会 第3回研究会(2012年3月30日開催)のお知らせ

 好評のデザイン・ブランド戦略分科会の第三回研究会を下記により行います。
また、今回は終了後、講師ほか参加者との懇親会を予定しております。

デザインドリブンイノベーションの可能性
~技術起点型イノベーションの限界をどうデザイン起点で超えるか:
 「スマートデザイン」運動のご提案~


講師:妹尾堅一郎氏(産学連携推進機構 理事長、一橋大学大学院MBA客員教授)

 技術で勝る日本が事業で負け続ける大きな要因は、80年代の技術起点型の古典モデル(テクノロジードリブンイノベーション)だけにとらわれているためです。世界の勝ち組の多くは、事業起点型モデルで大きな成功を続けています。このことを直視して、日本の競争力のあり方を抜本的に見直す必要性があります。
では、日本の技術力を活かした事業起点とはどのようなものがありえるのでしょうか?
その一つに、講師の提案する「デザインドリブンイノベーション」があります。
「デザイン=意匠」から「デザイン=設計」に概念拡張し、商品設計・事業設計の観点から技術を活かしていく…、つまり、イノベーションモデル自体を組み直していこうというものです。その時、知財マネジメントの新しい形が必要となることは言うまでもありません。
今回の講演では、これらについて俯瞰的議論を行うことを通じてデザイン・ブランド戦略上の諸問題・諸課題を整理すると共に、イノベーションの具体的な方法論として、講師が日経デザイン誌と進めつつある「スマートデザイン」運動をご紹介します。

 日本知財学会内外のデザイン・ブランド戦略そしてイノベーション戦略にご興味のある方のご参加をお待ちしております。なお、定員になり次第申し込みを締め切りさせていただきますのでご了承ください。

【日 時】 2012年3月30日(金) 18時30分~20時30分(予定)
【場 所】 金沢工業大学虎ノ門キャンパス
      http://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/map.htm
      (〒105-0002 東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル12階)
      東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 徒歩8分
      東京メトロ日比谷線 神谷町駅 徒歩8分
      都営地下鉄三田線 御成門駅 徒歩8分
【議事次第】
①基調講演
デザインドリブンイノベーションの可能性
~技術起点型イノベーションの限界をどうデザイン起点で超えるか:
 「スマートデザイン」運動のご提案~

妹尾堅一郎(産学連携推進機構 理事長、一橋大学大学院MBA客員教授)

②講師と幹事、参加者による討論(予定)

③今回は終了後、講師・分科会幹事らと懇親会開催予定です。
【参加費】日本知財学会会員:無料、 一般:1000円(資料代)
懇親会に参加される方は、別途、実費数千円程度をいただきます。
【参加申込】3月23日までに、以下のURLでお申し込みください。
懇親会参加希望の有無も併せててご登録ください、
なお、会場の都合上、先着順にて締め切らせていただくことがありますのでご了承ください。
 https://fs219.xbit.jp/g773/form1/