分科会 Subcommittee

デザイン・ブランド戦略分科会

日本知財学会創立10周年記念事業
デザイン・ブランド戦略分科会シンポジウム(2013年3月21日開催)のお知らせ

 「21世紀におけるデザイン・ブランド戦略の方向性」

 本シンポジウムは、これまで技術の補完あるいは結果としかとらえていなかったデザイン及びブランドの戦略について、特にボーダレス経営時代に対応した海外展開における取り組みを紹介・分析し、最近変革しつつあるデザイン・ブランド戦略を支援する政策について検討します。これにより、イノベーションモデルの変革を明示し、企業戦略のあり方を提案することを目的とします。
 第一部基調講演では、特許庁審査業務部長の古瀬利博氏より、デザイン・ブランド戦略に資する知財政策について、直近の検討状況と今後の展開についてご紹介いただきます。ついで、日本知財学会の本分科会担当理事であり、知財戦略の専門家である東京大学教授の渡部俊也氏より、「顧客経験」のマネジメントとデザイン・ブランド知財戦略の役割と題して、最近の知財戦略への深い洞察を述べていただきます。
 第二部パネルディスカッションでは、企業の知財戦略の最前線におられ新興国やアフリカ・中東など海外展開への経験豊富な多彩なパネリスト、別所弘和氏(本田技研工業株式会社)、地曵慶一氏(ユニチャーム株式会社)、久留晴夫氏(キヤノン株式会社)より、ご経験を踏まえたデザイン・ブランド国際戦略についてご披露いただきます。また、岩井久美子氏(INPIT海外知財プロデューサー)、杉光一成氏(金沢工業大学大学院)より、それぞれのお立場からの知財戦略に向けたご講演とコメントをいただきます。
 後半には、ジェトロ北京事務所知財部長、特許庁企画調査課長を歴任された後谷陽一氏をモデレーターに迎え、パネリストの皆さんとともに、ボーダレス経営時代のデザイン・ブランド戦略について、エッジのたったご議論を展開いただきます。ご期待ください。

【日時】 2013年3月21日(木) 14時~17時50分
【場所】 早稲田大学 小野記念講堂 (早稲田大学早稲田キャンパス27号館地下2階)
◎アクセス メトロ東西線早稲田駅下車3a、3b出口徒歩5分 早稲田大学大隈講堂手前
http://www.wasedabunka.jp/about/access
【懇親会】
場所:早稲田大学研究開発センター120-5号館121会議室
◎アクセス:http://www.all-nano.waseda.ac.jp/nano/contact.htm
【主催】
一般社団法人日本知財学会 デザイン・ブランド戦略分科会
早稲田大学国際情報通信研究センター
【後援】
経済産業省、特許庁、(独)工業所有権情報・研修館
日本弁理士会、日本知的財産協会
【プログラム】
14:00 開会挨拶
14:05~14:30 第一部
 基調講演Ⅰ:「デザイン・ブランド戦略に資する知財政策」
 古瀬利博氏(特許庁審査業務部長)
14:30~15:00 第一部
 基調講演Ⅱ:「『顧客経験』のマネジメントとデザイン・ブランド知財戦略の役割
 渡部俊也氏(東京大学政策ビジョン研究センター教授)
15:00~16:00 第二部:パネルディスカッション
 パネリスト講演:
 別所弘和氏(本田技研工業株式会社 ブランド・知財企画室長) 
 地曵慶一氏(ユニチャーム株式会社 知財法務本部長代理) 
 久留晴夫氏(キヤノン株式会社 知的財産法務本部 知財渉外センター
        商標・意匠部 部長 兼 ブランドマネジメント室 商標関連事案担当部長)
 岩井久美子氏(INPIT海外知的財産プロデューサー)
 杉光一成氏(金沢工業大学大学院 知的創造システム専攻 教授)
16:00~16:10 休憩
16:10~17:50 第二部:パネルディスカッション
 「~ボーダレス経営時代のデザイン・ブランド戦略~」
 <モデレーター>
 後谷陽一氏(前特許庁総務部企画調査課長)
 <パネリスト>
 上記の皆様
17:50 閉会
18:20~  懇親会(会費制)

【講演者プロフィール】
【参加費】無料、事前登録制 (懇親会は会費制:3000円)
【参加申込】以下のURLより申し込みください。
なお、会場の都合上、先着順にて締め切らせていただくことがありますのでご了承ください。
 https://fs219.xbit.jp/g773/form1/