シンポジウム Symposium

シンポジウム

日中韓連携知的財産シンポジウム 世界に発信する東アジアの知財制度と戦略

開催報告

 2015年12月4日(金)、12月5日(土)、東京大学伊藤謝恩ホールにおいて、日中韓連携知的財産シンポジウムを開催しました。 シンポジウムでは、日中韓の各国知財庁の最近の取組を紹介する基調講演等のほか、知財司法、商標及び営業秘密を論点とするパネルディスカッションを実施いたしました。
 
・シンポジウムの様子はこちらをご覧ください。
・当日の講演資料はこちらをご覧ください(WEB掲載の許諾をが得られた方のみ掲載)。

開催概要

 日本知財学会、韓国知識財産学会(旧:韓国産業財産権法学会)、中国知識産権研究会は相互に学術協力協定を締結しており、2012年より年に1回三カ国交代で日中韓連携シンポジウムを開催しております。
 今年は本学会の年次学術研究発表会と一部を連結して、東京大学で開催いたします。

※本シンポジウムは弁理士継続研修の認定を受けています

日 程 2015年12月4日(金)~12月5日(土)
場 所 東京大学 伊藤謝恩ホール
http://www.u-tokyo.ac.jp/ext01/iirc/access.html
主 催 日本知財学会、中国知識産権研究会、韓国知識財産学会
日本国特許庁、日本弁理士会、東京大学政策ビジョン研究センター
言 語 日本語、中国語、韓国語(日中韓同時通訳あり)
英語(講演資料)
参加費 無料(事前参加登録制) 
参加お申込 終了いたしました

● 12月4日(金)のプログラム
13:00-13:30 受付
13:30-13:35 主催者挨拶
伊藤 仁 (日本国特許庁長官)
13:35-13:50 基調講演
李 順徳 (中国知識産権研究会副理事長)
13:50-14:05 基調講演
孫 榮飾 (韓国特許庁特許審判院審判長兼企画審判長)
14:05-14:20 基調講演
前田 仁志 (日本国特許庁総務部企画調査課長)
14:25-15:55 パネルディスカッション
「東アジアから発信する知財司法制度と戦略」
<モデレーター>
高倉 成男 (明治大学法科大学院教授)
<パネリスト>
高林 龍 (早稲田大学法学学術院教授)
張 雪松 (北京中倫法律事務所弁護士)
朴 泰一 (韓国大法院裁判研究官知的財産権総括・部長判事)
15:55-16:20 休憩
16:20-17:50 パネルディスカッション
「東アジアから発信する商標制度と戦略」
<コメンテーター>
黄 暉 (中国知識産権研究会理事)
<モデレーター>
橋本 正洋 (日本知財学会副会長)
<パネリスト>
青木 博文 (日本国特許庁審査業務部商標課長)
吳 尙眞 (韓国特許庁複合商標審査チーム書記官)
呉 群(中国国家工商行政管理総局商標局副巡視員)


● 12月5日(土)のプログラム
9:30-10:00 受付
10:00-10:05 主催者挨拶
渡部 俊也 (日本知財学会会長)
10:05-10:20 基調講演
尹 宣煕 (韓国知識財産学会会長)
10:25-11:55 パネルディスカッション
「東アジアから発信する営業秘密保護制度と戦略」
<モデレーター>
渡部 俊也 (日本知財学会会長)
<パネリスト>
伊万里 全生
(経済産業省産業政策局知的財産政策室総括補佐)
李 順徳 (中国知識産権研究会副理事長)
韓 志泳 (朝鮮大学教授)
11:55-12:00 閉会挨拶
田名部拓也
(日本国特許庁総務部企画調査課知的財産活用企画調整官)

シンポジウム

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み