シンポジウム Symposium

シンポジウム

日本知財学会2017年度春季シンポジウム
 「プラットフォームでビジネスに勝つ!
 -新しいビジネス環境を活用する経営戦略・知財マネジメントとは?」

開催主旨

IoT, ビックデータ, AIといった新しいビジネス環境が広がると、プラットフォーム・ビジネスが当たり前になる。中小企業でも、ド製造業の大企業でも、新しいビジネス環境に直面せざるを得ない。だから、メガ・プラットフォーマーを恐れるのではなくて、かれらのやり方を見習ってイノベーション起こしていこう。そこではデータが重要な役割を果たしているはず。ただし、データ知財の場合、いままでの知財マネジメントの考え方と、ちょっとちがうところがある(かもしれない)ので、そのビジネス知見を深めよう。

日 時 2017年6月28日(水)13:30~17:30(予定)
場 所 政策研究大学院大学 想海樓(そうかいろう)ホール
(東京都港区六本木7-22-1)
http://www.grips.ac.jp/about/access/
内 容 1.日本知財学会第14回産業功労賞表彰式
2.シンポジウム
参加費 日本知財学会の会員  無料
一般(非会員)  2,000円

プログラム(予定)     
13:30~13:45 日本知財学会 第14回産業功労賞表彰式
13:45~13:50 オープニング
13:50~14:50 【基調講演】
「新しいイノベーションでみえてくるビジネスチャンス(仮題)」
武田 隆氏
(グーグル株式会社 執行役員) 
14:50~15:00 休憩
15:00~16:10 【パネル討論 第1部:ポジショントーク】
「IoT、ビックデータ、AIでのプラットフォームビジネスの考え方・つきあい方(仮題)」
妹尾堅一郎氏
(NPO法人産学連携機構理事長/本学会理事)
石山 洸氏(デジタルセンセーション株式会社 取締役/元リクルートAI研究所所長)
中村公弘氏(東芝インダストリアルICTソリューション社 IoT技師長)
16:10~16:20 休憩
16:20~17:30 【パネル討論 第2部:パネルトーク】
「IoT、ビックデータ、AIでのプラットフォームビジネスの考え方・つきあい方(仮題)」

<パネリスト>
妹尾堅一郎氏(再掲)
石山 洸氏(再掲)
中村公弘氏(再掲)
<モデレーター>
立本博文氏(筑波大学ビジネスサイエンス系教授/本学会理事)

【参加申込】
・事前参加申込制です(参加お申込締切り:6月26日)。
・開催日の約1週間前に参加票をメールでお送りします。
・参加申込みフォームからの申込が難しい場合は、事務局にメールでご連絡ください。
 (日本知財学会事務局 
参加申込み

<お知らせ>
・シンポジウム終了後、同会場内にて、総会を開催いたします。
・総会開催通知は正会員の方に5月中旬に電子メールでお送りいたします。

シンポジウム

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み