学術研究発表会 Research Presentation

第16回年次学術研究発表会

第16回年次学術研究発表会の概要

テーマ:第4次産業革命時代の価値創造をもたらす知財経営
    ~地域大阪から発信するイノベーション戦略~

 世界が本格的な第4次産業革命を迎え、IoT・AI・ビッグデータ等の新しい技術が、あらゆる産業や社会の隅々に与える影響はますます大きくなっています。こうした中で、国は2017年末に「知的財産戦略ビジョン」の策定を打ち出しました。これまで毎年策定されてきた知財推進計画に比べ、中長期的な視野から人と社会と産業の将来像を見据えた国家戦略を構想し、我が国が目指すべき価値創造立国のあり方を提示するものとなっています。
 日本知財学会では、こうした動きを受け、価値創造をもたらす知財経営について改めて深く考えてみたいと思います。ものづくりやサービス業、コンテンツ産業を含め、たゆむことのないイノベーションや新たな価値創造の実現を具体化するためには、知財人材の育成と活躍が不可欠です。
 今年度の学術研究発表会は5年ぶりに大阪で開催されます。地域の産業界・アカデミア・文化の叡智を結集し、ビジネス、人材育成、地域創生を総合した観点から、大阪が知財経営戦略に支えられた企業イノベーションと社会デザインの発信拠点となることを目指します。
 多数の皆さまのご参加をお願いいたします。


日 程 2018年12月1日(土)、12月2日(日)
場 所 大阪工業大学 梅田校舎(OITタワー)
http://www.oit.ac.jp/institution/access/index.htmll
協 賛 日本弁理士会
企 画 大会実行委員会

 ◆お申込締切:2018年6月29日(金)18時

【弁理士の方へ】
日本弁理士会にご所属の方は、学術研究発表会期間中、法人会員と同等の権利を有します。
一般発表のお申込み、学術研究発表会参加お申込みの際は、法人会員(賛助会員、協賛団体会員)
としてお申込みください。