学術研究発表会 Research Presentation

第17回年次学術研究発表会

第17回年次学術研究発表会の概要

テーマ:先端技術と知財戦略
     -令和新時代の知財戦略の方向性を見極める-

 Society5.0と呼ばれる現在から未来への時代の背景には、先端技術の進歩があります。AI・IoTの進展やゲノム編集等の活用によるバイオ技術の飛躍的高まりなど、21世紀にはいってこれら先端技術の進歩は著しく、そのスピードはとても速くなっています。 こうした先端技術の進歩は、企業戦略にも大きな影響を与えつつあります。なかでも知財戦略においては、デジタル化・ネットワーク化の時代にあって、様々な新しい対応が求められています。デジタルデータについては、2018年にデータ知財の法的の手当てと利活用の方向が示されるなど、大きな変化がありました。一方で、巨大IT企業などの新興の資本が、データの独占のみならず、企業の知財戦略や各国の知財政策にも大きな影響を与えつつあります。
 今大会は、様々な先端技術の動向とこれによるビジネスモデルが変革しつつあることを踏まえ、令和新時代に求められる企業の知財戦略と政府の対応について考える機会としたいと考えます。
 多数の皆様のご参加をお願いいたします。

日 程 2019年12月7日(土)、12月8日(日)
場 所 東京工業大学 大岡山キャンパス 本館(予定)
https://www.titech.ac.jp/maps/ookayama/
協 賛 日本弁理士会
企 画 大会実行委員会

【弁理士の方へ】
日本弁理士会にご所属の方は、学術研究発表会期間中、法人会員と同等の権利を有します。
一般発表のお申込み、学術研究発表会参加お申込みの際は、法人会員(賛助会員、協賛団体会員)
としてお申込みください。
 

※プログラム等は随時、掲載いたします。