学術研究発表会 Research Presentation

第18回年次学術研究発表会

第18回年次学術研究発表会の概要

テーマ:ニューノーマルにおける知的財産戦略
    ―5G, AI, IoT, DXでポスト・コロナ時代を拓く―

 新型コロナウイルスが世界的に蔓延するなか,社会全体は否応なくオンライン化され,人々の行動が大きく変化しています。これまで緩やかに実現に向かっていた「Society 5.0」を,いわば強制的に実現し,新たな日常(ニューノーマル)の中で社会システムを回す必要に迫られています。そのため,これまで現実世界で実施してきた事象をサイバー空間に移行するという,デジタルトランスフォメーション(DX)が必須となっています。このようなニューノーマルの中で,ビジネスを加速させていくためには,人工知能(AI: artificial intelligence),IoT(Internet of Things),5G(第5世代移動通信システム)に精通する技術者を巻き込みながら,目まぐるしく変化する現況の課題を顕在化し,新たな知的財産戦略を定めていくことが重要です。本学術研究発表会のシンポジウムでは,ポスト・コロナ時代に必要な,デジタルトランスフォーメーションとその後の世界を俯瞰的にとらえ,エンタテイメントビジネスなどを含むあらゆる分野における,知財戦略のあり方を考えていきたいと思います。

 今年度の学術研究発表会は,知財学会として初の試みとなるオンラインでの学術研究発表会となります。まさにこの知財学会の活動自体をDXし,新しい学会のあり方を追求しています。本学術研究発表会を,この社会変革の本質を見定め,必要な取組みを整理し,実践に導くための機会にしたいと考えております。オンライン研究会ならではの,遠方からの方々,日本国に留まらず世界各国の方まで広げた,多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

日 程 2020年11月28日(土)、11月29日(日)
開催方法 オンライン開催(ZOOMを予定)
(拠点:国立大学法人電気通信大学)
特別協賛 日本弁理士会
企 画 大会実行委員会

【弁理士の方へ】
日本弁理士会にご所属の方は、学術研究発表会期間中、法人会員と同等の権利を有します。
一般発表のお申込み、学術研究発表会参加お申込みの際は、法人会員(賛助会員、協賛団体会員)
としてお申込みください。


プログラム(予定)


タイトルはすべて仮題です。随時、更新します。

11月28日(土)
10:00
~15:50
●一般発表
※下記のセッションと並行して開催
10:00
~11:30
●ニューノーマル時代における知財人財育成(知財人財育成研究分科会)
●知財部主導の研究開発マネジメントを可能とする実証分析のあり方
12:00
~13:30
●第四次産業革命関連発明の適切な保護について
 (日本弁理士会協賛セッション)
●~標識法の「証(あかし)」~(ブランド経営分科会)
14:00
~15:30 
●経営をデザインする戦略(経営デザイン分科会)
●遺伝資源と伝統的知識の知的財産
16:00
~19:00 
●シンポジウム
 進行:大会実行委員長 渡邉恵理子氏(電気通信大学 准教授)
◇開催校挨拶
 田野俊一氏(電気通信大学 学長)
◇基調講演
 久夛良木健氏
 (サイバーアイ・エンタテインメント株式会社 代表取締役社長)
◇パネル討論
「ニューノーマルにおける知的財産戦略
 ―5G, AI, IoT, DXでポスト・コロナ時代を拓く―」
 久夛良木健氏(再掲)
 久保雅一氏(株式会社小学館 取締役/本学会副会長)
 澤井智毅氏(世界知的所有権機関(WIPO)日本事務所 所長)
 田渕エルガ氏(内閣府知的財産戦略推進事務局 参事官)
 田野俊一氏(再掲)
 戸田裕二氏(株式会社日立製作所 知的財産本部 本部長)
 渡部俊也氏(東京大学 教授/本学会会長)※モデレータ

11月29日(日)
10:00
~16:20
 ●一般発表
※下記のセッションと並行して開催
10:00
~11:30
●ドラッグリポジショニングと知的財産
●将来の標準必須特許(SEP)~若手知財専門家の視点から~
●(大学発イノベーション分科会)
12:30
~14:00 
●企業のデータ利活用/懸念防止のためのマニュアル作りに
 どのように取り組むべきか -経済産業省が公表した
 「Society5.0 データ利活用のポイント集」の賢い活かし方-
●大学の埋もれた知的財産の発掘に向けて
●ベンチャー企業の知的財産標準業務
 (ビジネスと知的資産・知財法研究分科会)
14:30
~16:00
●知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言
 ~その経緯・現状・展望~
●知財教育研究の俯瞰(知財教育分科会)