学術研究発表会 Research Presentation

第22回年次学術研究発表会

第22回年次学術研究発表会「サステナブルな社会と知的財産:
 持続的な社会を実現するための知財創出・保護・利活用」

 デジタル化やDX化の進展など社会・経済を取り巻く状況が大きく変化する中、賃上げ、設備投資、株価などが好水準を記録し、30年間続いてきた「コストカット型経済」から「新たな成長型経済」に変革していくチャンスであるという認識のもと、知的財産推進計画2024では知財エコシステムの再構築が掲げられた。
 本計画の中では、知財・無形資産への投資による価値創造のため、企業のSX(サステナビリティトランスフォーメーション)推進が謳われている。また、成長型経済へのシフトは現代的な位置付けにおいては、環境保護や社会貢献等のSDGs、ESGへの配慮をなくして真に達成することはできないことは歴史の示すところである。特にCO2排出削減、フードロス、温暖化対策、生物多様性の維持(ネイチャーポジティヴ等)、環境保全、省エネルギーなどの環境面は、技術革新や知的財産の知見が課題解決に欠かせない。
 本学術研究発表会では、「サステナブルな社会と知的財産:持続的な社会を実現するための知財創出・保護・利活用」と題し、持続的な社会を実現するための、学術、産業、行政が一体となって知財をどのように創出、保護、利活用していけばよいのか検討したい。
 本年度は、2019年以来5年ぶりに、シンポジウムと一部のセッションを、国際ファッション専門職大学を会場にして対面開催する。ファッション業界にとっても、SX推進は喫緊の課題であり、本テーマを議論する場として相応しい機会に恵まれており、多くの関係者が議論に参加してくれることを期待したい。

日 程 2024年12月7日(土) 対面開催日
2024年12月8日(日) オンライン開催日
※12月2日~6日にもオンラインでセッションを開催する可能性あり
開催場所 2024年12月7日(土)
国際ファッション専門職大学(東京)
https://www.piif.ac.jp/about/access/

2024年12月8日(日)
オンライン(Zoom)
特別協賛 日本弁理士会
企 画 大会実行委員会

【弁理士の方へ】
特別協賛団体の会員は、学術研究発表会に限り法人会員と同等の権利を有します。
一般発表のお申込み/参加お申込みの際は、法人会員(賛助会員、協賛団体会員)
としてお申込みください。

※お申込期限:2024年7月31日(水)18時

※発表日は2024年12月8日(日)


【参加費について】
一般発表をされる方を含めて、原則として皆さまより参加費を頂戴しています。
会員の参加費は3,000円を予定しています。
参加お申し込みは11月上旬に受付を開始する予定です。