分科会 Subcommittee

コンテンツ・マネジメント分科会

<オンライン開催>
日本知財学会20周年記念 コンテンツ・マネジメント分科会連続研究会
~日本を勝ちに導くXR/メタバースの知財政策と実務~
第2回「XR/メタバースにおけるコンテンツ取引の展望と権利処理の課題」
(第73回CMSC研究会)

 日本知財学会は2022年で設立20周年となります。そこで、コンテンツ・マネジメント分科会では、設立20周年記念企画として、連続研究会「日本を勝ちに導くXR/メタバースの知財政策と実務」(全6回予定)を開催致します。
 第2回は、「XR/メタバースにおけるコンテンツ取引の展望と権利処理の課題」と題して研究会を開催致します。わが国の魅力的なコンテンツは、XR/メタバース領域で優位性を獲得する上でも強力な武器となります。しかし、新しい技術やビジネスモデルを活用し、「強いIP」をグローバルに展開するには、権利保護の仕組みを整備することも重要です。とりわけ「オープン・メタバース」と呼ばれ、複数の事業者がそれぞれ管理するプラットフォームを相互に接続する形でバーチャル世界が構築された場合、プラットフォーム間あるいはユーザ間で、どうすればIPのライセンス条件を接続・承継できるのかなどの課題があります。そこで、XR/メタバース、さらにはNFTの領域で、コンテンツの創出と流通を担う事業者の方々をお招きし、課題とその解決策について議論します。

【日 時】 2022年5月30日(月)18:00~20:00
【形 式】 オンライン(Zoom)
       ※事前申込制。前日までにURLを送りします。
【内 容】
1. 趣旨説明
「XR/メタバース上の権利と契約による権利処理の課題」
関 真也 氏(関真也法律事務所 弁護士・上級VR技術者)
※当分科会幹事《本連続研究会企画》
https://www.mseki-law.com/



2. 話題提供①
「オープン・メタバースとその実現に向けた課題(仮)」
福永 尚爾 氏(株式会社BeyondConcept 代表取締役)
https://conata.world/




3. 話題提供②
「コンテンツ会社が考えるメタバース上の権利処理のあり方(仮)」
水野 和寛 氏(株式会社Minto 代表取締役)
https://www.wantedly.com/companies/jimdo81



4. ディスカッション・質疑応答
【参加費】 無料、事前参加申込制
【参加資格】どなたでもご参加いただけます。
この機会に、日本知財学会へのご入会およびコンテンツ・マネジメント分科会へのご登録をご検討下さい。
【参加申込】以下のフォームからお申込みください。
https://fs223.formasp.jp/c358/form4/
※申込期限:2022年5月26日(木)
《本連続研究会の今後の予定について》
・第3回「XRオブジェクトの知的財産法上の保護(仮)」
 (2022年6月26日(日)17時~19時)
・第4回「デジタルツインと知的財産法上の課題(仮)」
 (2022年8月1日(月)18時~20時)
・第5回「ARサービスと知的財産(仮)」 (開催日時調整中)
・第6回「アバターにまつわる権利関係(仮)」
 (2022年9月29日(木)18時~20時)