学術研究発表会 Research Presentation

第20回年次学術研究発表会

第20回年次学術研究発表会
「持続的な企業価値の向上と知財・無形資産投資
 ~スタートアップとメタバースから経済安全保障まで」

 2021年6月に東証の上場企業向けのコーポレートガバナンス・コードにはじめて「知的財産への投資」の文言が入り、内閣府・知的財産戦略推進事務局でも知財・無形資産の投資・活用戦略の開示及びガバナンスに関するガイドライン(略称:知財・無形資産ガバナンスガイドライン)Ver1.0の策定が行われた。
 一方で、今後、日本のイノベーションを活性化させていくためには、上記のような大企業等に蓄積されている優れた知財を「見える化」し、機動性・迅速性の高いスタートアップにおいて知財を「フル活用」して技術の社会実装による事業化を進め、新たなビジネスの創出・拡大をもたらす知財エコシステムの構築が必要であるという指摘もある。
 また、メタバースやWeb3.0等の先端領域でも、適正な権利処理のあり方を確立することが当該領域における投資・活用を推進する上で重要な課題である。さらに、このような流れと平行し、近年の国際情勢の複雑化、社会経済構造の変化等にともない国民生活や経済活動に対するリスクが顕在化してきていることから、わが国政府はこのようなリスクに対する安全保障を確保するための経済施策を推進しており、経済安全保障推進法も成立したところである。
 そこで、本学術研究大会では、まずシンポジウムにおいて、このような複雑な時代の流れの中で「持続的な企業価値の向上」を目指すという本大会のテーマの分野の有識者の方よりご講演をして頂くことで、知財・無形資産投資のあり方についての理解を深める。また、企画セッションにおいて、さらに具体的に、知財ガバナンス、スタートアップ、メタバースそして経済安全保障の観点から知財・無形資産投資について考える。

日 程 2022年11月5日(土)、11月6日(日)
開催方法 オンライン(Zoom)
特別協賛  日本弁理士会 
企 画 大会実行委員会

【弁理士の方へ】
特別協賛団体の会員は、学術研究発表会に限り法人会員と同等の権利を有します。
一般発表のお申込み/参加お申込みの際は、法人会員(賛助会員、協賛団体会員)
としてお申込みください。


 お申込受付期間
 2022年6月27日(月)~2022年7月20日(水)18時